So-net無料ブログ作成

ラクスルの評判を分析してみた! [ラクスル]

こんにちは インターネット印刷を利用しているデザイン会社の山さんです。

ネット印刷が随分と浸透してきましたが、実際は

「数が多すぎてどこがいいか選ぶのに困る!」

「激安で納期の早い印刷所はどこ?」

「ネット印刷って品質は大丈夫なの?」

など、その品質と信用に疑問や不安を持たれている方も多いのではないでしょうか?

このブログはそんな「チラシ印刷についての悩みや疑問」をお持ちの方に向けて書いています。


20年間のデザイン・印刷物の仕事の失敗と成功談がいくらかでもあなたのお役に立てれば幸いです。



ラクスルの巷の評判について 



最近私がよく利用しているネット印刷ラクスルの印刷の巷の評判ですが、口コミを見てみますと賛否両論、両極端に分かれるようですが、細かくどちらの評判も見てみましょう。

ラクスルの良くない評判例

・ 受付日の確定トラブル
・ サポートセンター電話応対が悪い
・ 配送ミス
・ 印刷の質

一番の見落としはデーター入稿時が受付日にならないということ。
納期がない時は特に受付日に注意してください。

HPにはきちんと記載されているのですが、「プリントパック」などでは注文・入稿したその日が受付日になるため、同じ感覚で注文して、トラブルが発生するようです。


納期ミスによるトラブルはついつい感情的になりやすいので、当然「電話対応が悪い」という印象に発展しがちになります。


私の場合、「データチェックお急ぎ便」にしたにもかかわらずにマイページの最終確認の完了のボタンをクリックしなかったために、結局次の日が受付日になってしまいました。


データを入稿すると、ラクスルでのデータチェックが完了した時点でメールが届きます。その日の入稿が多ければ、当然データチェックも遅くなります。

納期のない方は「データチェックお急ぎ便」を利用して、メールを定期的にチェックしてください。
印刷データの最終確認は慎重に行いましょう。



印刷の質とは下請け業者の技術の差になると
思うのですが、我社の経験ではこれまで一度もありません。(強いて言えば年末年始をはさんで1回だけ納期遅れたことがありました。)


もしかしたら、パソコンで見る画面の色RGBと印刷物の色CMYKの違いがわからずに、色が全体的に沈んで見えるのにクレームを付けているのかもしれません。

この場合、どこの印刷所に持って行っても同じ結果になりますよね。ですから最初からCMYKの画像表示の下での制作をした方が間違いないということです。



もう一つの失敗の原因はデータ入稿の際の不手際、つまり入稿者が最終入稿のチェックを怠ったための技術的なミスによるものが多いみたいです。特にPDFに関する問題が多かったようです。


このミスを回避するためには、テンプレートにも書いてある入稿のチェックをすることと、念のため「スクリーンショット」かWEB用に画像を保存、もしくはjpegで別名で保存したものを入稿されることをおすすめします。


PDFの場合、パソコン環境により見え方やレイアウトが変わるみたいです。出来上がり画像があれば、データチェックの際に一目でわかるし、プリントパックでは必ず指定しています。



ラクスル悪い評判の対処方

・ サポートセンター電話応対が悪い
⇒サポートセンターの相談員も人間です。そもそも客様のちよっとしたミスが多いので、感情的にならずに丁寧に改善を求めてみましょう!

ケアレスミスを起こさないようにチェックリストを作り、その都度赤ペンでチェックしましょう。第三者にも診てもらいましょう!納期のない時こそ慌てずに。

・ 配送ミス⇒こちらは明らかにラクスル側のミスでしょう。例え下請けでもラクスルに責任があります。謝罪くらいないと、気が収まらないでしょう。電話でらちがあかない場合、メールにてクレームを伝えると、必ず返答が来ると思います。

・ 受付日の確定トラブル⇒これはこのブログでは再三注意を促しているのですが、ラクスルでは注文日が受付日ではないと認識してください。その日の時間帯にもよりますので、注文&入稿しても「受付日の確定」するまでメールチェックをお忘れなく!

・ 印刷の質⇒パソコン画面上の色と印刷とは違うことを知るべし。写真なども印刷してみると解像度が荒いのが一目でわかりますが、これは元々の写真の解像度が低いのが原因です。パソコンではいい感じで見えのですけど、、。

画面の色RGBからCMYKに変換して作業を行う。画像解像度のチェックをお忘れなく!
こちらも明らかに印刷所のミスの場合はメールにてその症状を伝えるか、本社に注文番号を書いて、同封して送ってもいいでしょう。

一方、

ラクスルの評判の高い理由として次の3つの特徴があります。
1、ワンクリック増刷
2、designラクスル
3、納期が伸びれば伸びるほど安くなり、半額近く印刷料がお得!
4、定期的に割引クーポンがメールにて送られてくる。

ワンクリック増刷
ワンクリック増刷とは、過去に注文した商品をデータチェックなしで、追加注文できる機能です。

「もっとラクに追加注文がしたい」
という、お客様の声から生まれた機能なんです。

こんなお客様にオススメです!


■「以前頼んだ名刺をもう一度刷りたい・・・・」

■「チラシをもう少し増刷したい」

■「一度注文した商品の詳細(内容)を忘れてしまった」

■「定期的に手間をかけずに注文したい」

■「同じ商品を何度も選択して注文するのはうんざり!」


名刺、チラシ、封筒などご対応しています。

保存されているデータを利用するので、データ入稿もデータ確認の手間なく、簡単に注文できます。


designラクスル 

ラクスルに簡単にチラシデザインができる新サイト登場しました!

これまでも、「名刺」「封筒」はデザインテンプレートから印刷まで可能な「クイックデザイン」を用意していましたが、一番人気のチラシには対応できていませんでしたが、この度「designラクスル オンライン powered by picky-pics」がオープンしました!

これにより、チラシの印刷用データをキレイにデザイン、ラクラク作成することができます!
しかも、ラクスルに多く寄せられるデザインを意識したテンプレートも多数利用できます。

ご利用に応じて500円から3000円の割引クーポンコードがメールにて送られてきます。

登録・利用は無料なので、例えば名刺印刷でしたら、7営業日100枚でしたら463円(税込500円)となり、これに、送料 (メール便: 190円 / 宅配便: 470円) が別途加算されます。

500円クーポンがついてくるので、実質送料だけの料金で購入することができます。


試しにお得なクーポンでラクスルの評判を実感してみても損はないかと思います。





印刷のことなら総合印刷通販のラクスル



素材が5万点!簡単操作!

このサービスの一番のポイントは、素材が5万点も用意されていること。 検索すれば、関連する素材がたくさん表示されるのです。

例えば「ひまわり」と検索すればたくさんのひまわりの写真が出てきます。欲しい一枚が必ず見つかるでしょう。

これだと思うものがあれば、デザインスペースに
ドラックするだけで、デザインが完成!

無料素材もたくさん用意されていますが、
有料の素材でも、24時間のみの出力権で購入すると
100円程度で安く簡単に素材を購入できます。


テンプレート&レイアウト多数

文字を変えればそのまま使えるテンプレートデザインを多数用意しているので、現在ラクスルでクイックデザインの名刺や封筒を愛用いただいている方にも是非お使いいただきたいです。
文字を入力するだけで、
プロのデザイナーの仕上がりが期待できます。

また、写真やイラストの点数を指定するだけで、レイアウトを決めてくれます。 そのレイアウト数は200以上。
直感的に選べば、レイアウトが出来上がるのです!
動きもスムーズで気持ちが良いので、レイアウト作業が楽しい。
やみつきになってしまう操作性です。

自動でデザイナーのワザが

新サイトの真骨頂はここにあると言っても過言ではないのですが、 なんと、文字の列やオブジェクトの位置を自動で揃えてくれたり、 ガイドしてくれる機能がついています。

以前の特集でも触れましたが、オブジェクトの開始位置を揃えるだけで洗練された美しいレイアウトができますよね。
揃えるのが大変で諦めてしまったり、
デザイナーのように微調整ができず、
まとまりのない状態になってしまっていたということ、ありませんか?

カンタンに美しくプロのワザが再現できるように作られているのが、 「designラクスル オンライン」です。
これまでパワポやワードで手を煩わせていた方も
ぜひ、ご利用くださいませ。



デザイナーが好む有料フォントが無料で使える

デザイナーが契約して使う
モリサワが提供しているフォントが18書体も無料で使えます。

もちろん縦書きにも対応!
通常であれば、もちろん、これを使うためにライセンス契約をし、
フォントをお使いのPCにインストールする必要がありますが、
ここではすべて不要。

フォントはデザインにとって重要な存在です。
特に日本語フォントは、ひらがな・カタカナ・漢字があるので、
英語よりもデザイン上での取り扱いが難しいのです。
プロが使うフォントには理由があります。
フォント変わればデザインが変わる。
それを実感いただけるでしょう。


納期に余裕のある方は格安の長納期でのご購入がおすすめです。

納期により印刷料が全然変わってくるって知ってました?
納期が伸びれば伸びるほど安くなり、半額近く印刷料がお得になるんです。


最近、定番だった「プリントパック」から「ラクスル」を利用することが多くなりました。

その最大の理由は ■時間的余裕がある時は「ラクスル」の方が断然お得だということ。



例えば下の見積表でいけば、300枚と20000枚の場合だと
納期を10日伸ばすだけで印刷料が半額になるのです。
時間的な余裕がある時はこのサービスを利用しない手はありません。

ラクスル.jpg

◎入稿に失敗しないための 最終チェックのポイント全てのデータ共通 
①ご注文のサイズとデータのサイズは合っているか?

②ご注文の印刷面数とデータの数は合っているか?
(例:注文 片面カラー → データ 1ページ、 片面カラー/片面モノクロ → データ 2ページ)
③ご注文の色とデータの色は合っているか?
(モノクロ印刷でデータをモノクロに出来ない場合は、入稿時のコメントにその旨ご記入ください)
④フチなし印刷される場合、塗り足しが付いているか?

⑤切れてはいけない文字などは仕上がり位置より3mm以上内側に収まっているか?

⑥仕上がり線が入ったままになっていないか?

⑦薄いお色味をご使用の場合、5%以下の濃度に設定されていないか?
(印刷に反映されない可能性があります。最低でも6%以上、出来れば10%以上に設定してください。)
⑧文字のサイズは8pt以上ですか?
(8pt以下ですと、フォントや色の濃度によっては、潰れたり、掠れたりする可能性がございます)




イラストレータの場合

①文字は全てアウトライン化されているか?

②リンクファイルは埋め込みまたは、レイアウトデータと一緒にご入稿されているか?

③カラーモードはCMYKになっているか?

④特色は使用されていないか?(全てプロセスカラーにしてください)

⑤印刷しないオブジェクトや文字などを「隠す」機能で隠したままにしていないか?
(印刷の際、思わぬ結果を招く場合がございます)
⑥0.3pt(0.1mm)以下の線を使用されていないか?
(印刷に反映されないため、弊社のデータチェックで線が太くなる場合がございます)
※文字に直接線の設定を入れることは絶対にしないでください。文字潰れやかすれの原因となります。

⑦イラストレータデータをPDFに変換される際、塗り足し部分も含まれたPDFになっているか?
(アートボードの裁ち落としの設定)
⑧黒の濃度は問題ないか?

⑨配置画像を修正されたあと、最後にイラストレータのデータを保存しなおしたか?
(配置画像のみ修正されても、イラストレータを保存しなおさないと、最終の状態で印刷が出来ない可能性があります)




フォトショップ(画像データ)の場合

①全てのレイヤーを統合されているか?

②解像度は足りているか?
(元々解像度が低く画質の粗い画像の解像度を上げても、画質は良くなりませんのでご注意ください。)

③カラーモードはCMYKになっているか?

④画像の総インキ量は300%以内に収まっているか?


ワードの場合

①弊社未対応フォント(Windowsに初期搭載されているフォントとモリサワ以外)を使用されていませんか?

②未対応フォントを使用されている場合はPDFでご入稿されていますか?
(弊社テンプレートでご作成の場合はヘッダー内のガイドラインは削除してください)

③Mac版のワードの場合は必ずPDFでご入稿ください!

④ワードアートやドロップシャドウ、グラデーションなどの、word上でつけられる効果や装飾を使用されていませんか?
(印刷に反映しない可能性があるので、必ずPDFでご入稿ください)

インデザインの場合

インデザインはPDF入稿を推奨しております!

(PDF入稿ですと、下記の①と②はチエック不要です)
①弊社未対応のフォント(モリサワ以外)は全てアウトライン化されていますか?

②リンクファイルはレイアウトデータと一緒にご入稿されていますか?

③インデザインデータをPDFに変換される際、塗り足し部分も含まれたPDFになっていますか?
(ドキュメントの裁ち落としの設定)



PDFの場合

①Adobe Acrobat Proなどで、PDFに直接修正を加えていないですか?
PDF上に新たに付け加えられた部分は印刷に反映いたしません。
(ご修正される場合は、必ずPDFを作成される前の元のデータをご修正のうえ、再度PDFを作成してください)

以上、ネット印刷 ラクスルの評判と入稿に失敗しないための完全データのつくり方とチェック方法でした。
印刷代を少しでも浮かして、デザインの腕を磨いていきましょう!




印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 2

お名前(必須)

ラクスルは納期は+2日以上見ないと危なくて頼めません。
データチェックに時間がかかりすぎることと、勝手に不備がある
と判断してストップしたりします。結果印刷物が間に合わず、
キンコースなどで発注になったりして余計に経費が掛かります。
安かろう悪かろうの見本です。
by お名前(必須) (2017-05-02 10:16) 

ポスティングを依頼

サポートがとにかく最悪で、平気でウソをつきますし、
とにかく日本語が通じません。
仕事(法人)で使用しましたが、ありえないほどストレスです。

もう2度と頼みません。
by ポスティングを依頼 (2017-07-11 11:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。