So-net無料ブログ作成
検索選択

ラクスルなら変換無料!ワード・パワーポイントのデータ入稿術 [ラクスル]

こんにちは インターネット印刷を利用しているデザイン会社の山さんです。

ネット印刷が随分と浸透してきましたが、実際は

「数が多すぎてどこがいいか選ぶのに困る!」

「激安で納期の早い印刷所はどこ?」

「ネット印刷って品質は大丈夫なの?」

など、その品質と信用に疑問や不安を持たれている方も多いのではないでしょうか?

このブログはそんなチラシ印刷についての悩みや疑問をお持ちの方に向けて書いています。


20年間のデザイン・印刷物の仕事の失敗と成功談がいくらかでもあなたのお役に立てれば幸いです。


ワード・パワーポイントのデータ入稿術


イラストレーターなどのDTPソフトがない方でも、ワード・パワーポイントのデータ入稿が可能となっています。

しかもラクスルなら変換料は無料です!

では、早速ワード・パワーポイントで入稿データを作ってみましょう。

ラクスルでは注文の際に「完全データ入稿」が必須となっていますが、データの作り方・入稿の仕方など、お困りの方も多いのではないでしょうか。

通常、完全入稿のの場合、手数料のかかることの多いOfficeデータの変換作業も、 ラクスルでは随時無料となっています。

またイラストレーターやフォトショップなどデザインソフトを 持っていない方には、Office専用テンプレートがあるので、安心です。

ご自宅のパソコンでデータが簡単に作れてしまいます。 「データ作成って難しそう…」と諦めてしまっていた方も、 ぜひ一度チャレンジしてみてください!


印刷サイトでOfficeのデータを入稿しようとしたら有料だった… といった経験はありませんか?

ワードやパワーポイントで作られたデータを印刷するには、 特殊な変換作業が必要となるので、 印刷会社によっては有料で請け負っている場合もあります。

価格は大体平均で1,000円〜1,500円。 少部数では印刷代とほぼ変わらないくらいの料金になってしまいますね。

ラクスルでは、全商品Officeデータの変換作業は無料。 作ったデータをそのまま入稿していただければ、 あとはデータチェック結果を待つだけ。 とってもラクでお安くご利用ができます。

【対応バージョン】
Windows:2003,2007,2010,2013,2016
Mac:2001,2004,2008,2011,2016

PDFデータ作成ガイド



Officeデータの疑問を解決
Officeのデータについて、疑問点をいくつか紹介します。 これを押さえておけば、より完璧な仕上がりになるはずです!

1、データチェックが戻ってきたら、色が変わってしまった
こちらはかなり頻繁にあるお問い合わせですが、 色が変わって見えるのは、 データの変換をする時に印刷用の色に変換されているからです。

パソコン上で見えている色は「RGB」という色の透過光のこと、 印刷する時の色は「CMYK」という4つのインクの掛け合わせで表現されるので、少しくすんで見えるんですね。

ちなみに「CMYK」はシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色のこと。

ですから写真やイラストなど最初から「CMYK」のカラーモードに変換してレイアウトしていれば間違いはありません。

2、書体がまったく違うんだけど…
イラストレーターやフォトショップで作られたデータとは違い、 Officeデータは文字や段落を完全に固定することが出来ないので、 ファイルを開くパソコン(OS環境)の違いや アプリケーションのバージョンによって勝手にレイアウトが変化してしまいます。

フリーで配布されている書体や機種依存の高い書体をお使いの場合、 ラクスルでデータチェックをする際に違うフォントに変化し、それによりレイアウトが多少崩れてしまう場合があります。

作成時のフォントやレイアウトを保ちたい場合は、必ず PDFに変換してからご入稿ください。


3、PDFに変換するには?
ラクスルではOfficeソフトを変換する際に、変換用のフリーソフト
・「Primo PDF」 ・「Cube PDF」
のどちらかをお勧めしています。

よく、ワードやパワーポイントの「名前をつけて保存」からPDF形式を 選んで保存する方法でご入稿いただきますが、その手順では、 前述のようにファイルを開く環境によって書体が変わってしまったり、 レイアウトがくずれてしまう可能性がありますので必ず変換用のフリーソフトで変換しましょう。


専用テンプレートを使ってみよう
ワード・パワーポイントでデータを作る時、サイズを計るのが一苦労ですよね。

特に「塗り足し」を含めた特殊なサイズだとますます悩んでしまうところです。
ラクスルでは入稿する際に便利なテンプレートがありますので、是非利用してみてください。

1、ガイドラインに合わせて配置するだけ!

背景画像や図形、文字はすべて3色のガイドラインの中に収めます。
2017y03m21d_142605337.jpg

【緑の線】塗り足し3mm込みのサイズ
入稿データのサイズ
【ピンクの線】仕上がりサイズ
この線で紙が切られます
【青の線】セーフティゾーン
文字や切れてはいけない写真は、この線の内側までに収めます。

ガイドに従って配置すれば良いだけなので簡単! わざわざサイズを計る必要はありません。

2、ガイドラインは最後に消します
すべての素材を配置したら、最後にガイドラインを消去してください。
2017y03m21d_142612263.jpg

【ワード(Word)】
1)余白にカーソルを合わせて、白い矢印になったらダブルクリック
2)ヘッダーとフッター内のガイドラインを選択しデリート
3)上部のメニューバーの「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリック
4)上記の手順でガイドを削除したら、上書き保存で完了です。

【パワーポイント(PowerPoint)】
1)「表示」タブをクリック
2)「スライドマスター」をクリック
3)左端に出たサムネイルの1番上のページを選択
4)スライドに表示されているガイドラインを直接選択し、 デリートメニューバーの「スライドマスターを閉じる」をクリック


以上、ラクスルなら変換無料の「ワード・パワーポイントのデータ入稿術」でした。
是非テンプレートを利用して失敗のないデータ入稿を行ってください。


ラクスルの広告デザインは販売を促進させるための様々な商品が用意しているので、企業のための応援する印刷所と言っても過言ではありませんね。

きっとあなたの会社のお役に立てると思いますよ。


詳しくはラクスルの公式ホームページで!!

印刷のことなら総合印刷通販のラクスル





ただいま両面カラーのA4チラシを値下げしておりますのでぜひどうぞ!2017y03m21d_142612263.jpg2017y03m21d_142612263.jpg2017y03m21d_142612263.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0